環境にやさしい循環型エネルギー

ペレットストーブの燃料である木質ペレットは、間伐材を利用しており大気中のCO2を吸収しています。このためペレットを燃焼させても元々の大気に戻ていくだけで、空気中のCO2濃度を上げることはありません。ペレットストーブは地球温暖化にも優しい暖房方法なのです。

木質ペレット

木質ペレットは、乾燥した木材を細粉し、圧力をかけて直径6~8mm、長さ5~40mmの円筒形に圧縮成形した木質燃料で、主にストーブやボイラーの燃料として利用されています。木質ペレットの原料は、森林の育成過程で生じる間伐材などや、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑(プレーナー屑)、端材など、再生可能な資源である木材です。これらを取り扱いやすい燃料にしたものが木質ペレットです。

炎が身近に見える暖房機

煙が少なく、手軽で簡単操作のペレットストーブは薪ストーブと石油ファンヒーターのいいところを合わせもった次世代の循環型暖房機です。暮らしの中に本物の炎が身近に楽しめます。

ボタンひとつでカンタン操作

点火から火力調整、消化までの操作がボタンひとつでできるので(機種によっては手動着火のものもあります)ご家族どなたでも安心して使用できます。排気筒や本体のメンテナンスも薪ストーブに比べて容易です。(リモコンで運転出来る機種もあります)